鼻ニキビの吹き出物の原因とニキビの治る方法

鼻ニキビの吹き出物の原因とニキビの治る方法

鼻ニキビの吹き出物

 

鼻ニキビの原因は皮脂腺の多いフェイスの部位のひとつであるために起こりやすい症状です。顔の中でも鼻は皮脂量が特に多く、毛穴の奥が深いことから、特に皮脂が溜まりやすい場所です。

 

ルナメアAC

 

皮脂を作り出す皮脂腺は、全身に同じように分布しているわけではなく、多く集まっているところがあります。特に皮脂腺が多い部分を専門的には脂漏部位(しろうぶい)といいます。脂漏部位は主に、顔、頭部、胸、背中の中央部、脇(わき)の下、ひじやひざの裏、もものつけ根で顔の中でも額、眉間、鼻、口のまわり、あごといった中央部のいわゆるTゾーンはとりわけ多量の皮脂が分泌される部分です。

 

 

 

皮脂の分泌量によって肌のタイプは四つに大きく分けられます。

乾燥肌 皮脂の分泌量が最も少ない肌タイプ。乾燥してかさつきやすく、肌のきめも粗く整っていないことが多い。また、皮脂膜が十分に形成されないため、ちょっとした刺激でかぶれや湿疹などが起こりやすい。
脂性肌 皮脂の分泌量が最も過激な肌タイプ。皮脂が厚くなりやすく、表面が凸凹に見えがちで、顔全体が皮脂で直ぐに光る。毛穴が大きく開いており、皮脂や汚れが詰まりやすく、ニキビのできやすいタイプ。
普通肌 皮脂の分泌が適度で、肌トラブルが起こりにくく、きめも細かく整っていて、理想的な肌タイプ。
混合肌 部分的にかさついたり、脂っぽかったりする肌タイプ。多いのは、顔全体は乾燥しやすいけれども、額や花などは皮脂の分泌量が多いという乾燥型脂性肌。

 

ニキビのできる原因

代表的に云われているのが、ホルモンバランスの乱れや偏った食習慣、睡眠不足と夜更かし、活性酸素、紫外線、体質や遺伝も影響あると考えられています。

 

ホルモンバランスの乱れ

偏った食習慣

睡眠不足と夜更かし

ストレスが原因

活性酸素の害

紫外線

体質や遺伝からの影響

 

ホルモンバランスの乱れ

思春期を迎えた10代のほとんどの人がニキビに悩みます。これは第二次性微期を迎えて性ホルモンのバランスが大きく乱れることが原因です。

男性の場合は、アンドロゲン(テストロン)に代表される男性ホルモンの働きによって皮脂を分泌する皮脂腺が増大し、また皮脂の分泌量も多くなるため、皮膚はどうしても脂っこくなります。盛んに分泌される皮脂が毛穴からしっかり排出され、こまめな洗顔で皮脂や汚れなどがきれいに取り除かれればいいのですが、それらが毛穴に詰まってしまうとコメド(面皰)が形成されることになってしまいます。このように男性ホルモンの分泌が盛んになることが、ニキビの発症に大変大きく関わっているのです。そのため、ニキビが重症化してしまうケースは、実は女性よりも男性に多いという報告があります。

 

女性の場合は、月経の前後も性ホルモンの分泌のバランスが大きく変化しますから注意が必要です。黄体ホルモンは男性ホルモンと似たような働きをするからです。排卵後に黄体ホルモンが多く分泌されると、体温が上昇したり(そのために基礎体温が上がります)、皮脂の分泌量が増えます。排卵が起こって基礎体温が上昇する時期は、ニキビができやすい時期なのです。

 

偏った食習慣

チョコレートやポテトチップなど脂っこいスナック菓子を食べすぎて、ニキビができてしまったという人は多いとは思います。脂肪分や糖分は、皮脂の材料となります。つまり、過剰な脂肪分や糖分によって、皮脂の分泌量が増えます。また脂肪分や糖分は、皮脂の性質を変化させて、皮脂を皮膚の外に排出しにくくしてしまうこともわかっています。つまり毛穴に皮脂が詰まる原因になるんです。

 

睡眠不足と夜更かし

肌の健康と美容を保つためには、十分な睡眠が不可欠です。眠っている間に、栄養が皮膚に補給され、不要となった老廃物が排出され、細胞が新しく作られるからです。皮膚の再生や栄養補給のために、大体8時間前後の睡眠が必要と言われています。もちろん夜更かしもよくはありません。夜の10時ごろから2時ごろの間に、新しい細胞が作られるからです。皮膚の深部で新しい細胞が作られ、古い細胞は新しい細胞に押し出されるようにして剥がれていくという細胞の生まれ変わりが、最も盛んになるのがこの時間帯なのです。

 

ストレスが原因

心配事や悩み事を抱えてイライラした状態が続くと肌が荒れたり、蕁麻疹が生じたりする人もいます。爪の健康が損なわれたり毛髪も皮膚の細胞が変化したものですから、ひとつのバロメーターともいえます。ストレス状態が長く続くと、糖質コルチコイドの分泌が優先されて、性ホルモンや成長ホルモンなどの分泌が抑制されることになります。肌の健康と美容には性ホルモンの関与が大きいのでその分泌が抑えられてしまうと、ニキビができやすくなったり、皮膚の潤いや弾力を保つ機能が低下したり、角化異常を招くことにつながります。

 

活性酸素の害

非常に活動性が高く、周囲にある様々なものと反応を起こしやすいという性質があります。この活性酸素は、ニキビの発症・進行・ニキビ跡の形成にまで、非常に深く関わることが明らかになってきており、専門家の間で大変注目されています。毛穴に詰まってしまった皮脂が参加されて、有利子坊さんや過酸化脂質という物質に変わると、コメド(面皰)が作られ、ニキビが発症するんです。コメド(面皰)が炎症を起こし、ニキビを悪化させるのも、酸化が大きな要因です。

 

紫外線は美容の大敵といわれる理由

紫外線がなぜよくないかというと、先ほども記載しましたように、まさに活性酸素を発生させてしまうからです。紫外線によって生成される活性酸素が原因で日焼けによって皮膚に炎症が起きるのです。
活性酸素を発生させる主な原因は紫外線だけではありません。水道水に含まれる塩素、酸化しやすい油を含む食品、タバコ、排気ガス、放射線、一部の医薬品や農薬など。
嬉しい情報として、ビタミンCやビタミンEは強力な抗酸化作用を持った成分ですから、これらをたっぷり含む野菜やフルーツを積極的に摂取することで、体の内側から活性酸素に対応できる力を高めるようにすることをおススメします。

 

体質や遺伝からの影響

ニキビにできやすい体質あげられ、両親にニキビ跡が多くあれば、その子供もニキビのできやすい体質と考えられます。ただし、現在のところ、ニキビは遺伝すると科学的に証明されているわけではありません。科学的に証明されているわけではないものの、状況証拠といえる症例は少なくありません。肌質、皮脂腺の大きさ、皮脂分泌の活動性、コメド(面皰)が形成されやすい傾向など、体質や遺伝がニキビに何らかの関係を持っていると考えている専門家は多いといっていいでしょう。

 

 

 

 

ルナメアAC

ニキビの治る方法

現在できているニキビの治療には次のことが必要になります。

 

脂性肌を改善して、皮脂が過剰分泌しなくする

毛穴のつまりをなくすために角栓を除去する

毛穴の中から、皮脂やアカを排出する

黒ニキビ・白ニキビが赤ニキビにならないように、赤ニキビは炎症がおさまるようにアクネ桿菌(アクネ菌)を殺菌する

 

 

 

 

 

ルナメアAC


ホーム RSS購読 サイトマップ